• ??????

ゆっくり おうち 宣言 制裁 漫画

細部
作成した 03.09.2020
著者: Ringo
ビュー: 642

評価:  5 / 5

スターはアクティブです
 

そう呟く俺の言葉に糞野良一家どもの目が一勢に輝いた。 住めないのだから自分たちにおうちを返してくれるかもしれないとかそういう都合のいいこと考えているんだろう。 ゆっくりってほんとすぐこういう薄っぺらい希望に飛びつくよなぁ。. 野良まりさたちが震えている所から一番近い場所にある少し大きめのダンボールのおうち。 その中では野良ちぇんと野良ありす、そしてそのおちびちゃんである子ちぇんが家族団欒の時間を楽しんでいた。 しばらくの間、寒さに凍えながら虚ろな表情で野良まりさ一家はちぇん一家の様子を聞いていた。 親まりさは最初ちぇん達はゆっくりしているなと思った。次に羨ましく思った。次に惨めな気分になった。 そして……だんだんゆっくりしているちぇん一家が妬ましく、そして終いには憎らしく思えてきた。.

へえ?頭の悪い糞野良のクセに少しは知恵を出してきたじゃないか。 わざとバカだのなんだのとプライドを刺激する挑発的な言葉を使い、バカだと言われたくなかったら おうち宣言を認めろと誘導しているわけだ。まあ誘導がヘタクソすぎてゆっくりしか騙せない話術だがな。 ふーん……いいよ?あえて乗ってやるよそれ。そういう相手を騙して貶めることをやらせたら 人間の方が一枚も二枚も上手だということを思い知らせてやるぜ。.

俺はデジカメをちゃっちゃと操作すると画面を固まっている糞野良一家に見やすいように向けた。 画面内では俺が汚いダンボールの前でピースしながら「ここをお兄さんのゆっくりプレイスにするよ!」と叫んでいる。 ……しかし我ながらなんと恥ずかしい。ゆっくりのやる行為ってまさにアホ丸出しのものばかりだな。. さて説明せねばなるまい。 先回りして公園にきたとき、俺はまっ先にこの群れのゆっくりどもを味方につけておいたのだ。 なに味方につけるといっても一番安いゆっくりフードをバラまいて あとは逆らうと一勢駆除しようかなーとかなんとか言って軽く脅すだけでいい。 飴と鞭をちょっと使うだけで、公園の野良ゆっくりという輩はおとなしく人間の言うことをきくようになる。 それに俺の要求というのはこれから誰も住んでいないダンボール箱の前でおうち宣言するから、 みんなでその宣言に立ち会って証人になってくれというだけのものだ。 その程度のことならば野良どもにとって断る理由などなにもあろうはずがない。.

今度はねーよ、この馬鹿饅頭共が…っ。『ゆうかにゃんの(ry』はともかく…俺の持ってる本ってのは大体、需要が なくて基本的にお値段高めの本ばっかりだって言うのに…それを…ここまでやってくれるとは…。…ああ、転職しろ、っ ていう神の思し召しなのかねぇ…。. それだけでも十分だ。まだ原形をとどめている状態で顔を半壊させられているので、苦悶の表情もしっかり見て取れる。 砕けた皮や餡子、髪の毛がミキサーのガラスにべっとりと張り付いており、当の赤ゆたちはあまりの痛みに滅茶苦茶に暴 れ続けている。中身が飛び出すだけだというのに…。. 真っ先に悲鳴を上げたのは親れいむだった。確か、れいむ種は精神的にもろい。直接的なダメージを与えるよりも、精 神的に苦しめた方がこたえる…っていうのを何かのブログで見た記憶があるな。親れいむは、がたがた震えていた。赤ゆ 共も姉妹の変わり果てた姿を見て、完全に硬直している。.

AND OR. … … .

やれやれ、やっと糞野良どものお帰りか……まったく待ちくたびれたぜ。 ん?俺が公園に来てまで何をしているかって?そりゃもちろんさっきの虐待いじめの続きさ。 仮にも虐待鬼意惨を名乗る者がおうち宣言したゲス相手にたったあれだけで済ますわけないだろぉ?. 挙句の果てには反動で、飛び散っていた窓ガラスの破片であんよを切ってしまうまりさ。 傷はあまり深くはないのか、少量の餡子が流れ出るに留まる。 痛みで多少冷静さを取り戻せたまりさはようやく雨戸が自分の力で壊せないものだと悟るに至った。. 検索 : and or.

野良まりしゃの新しいおうち

歩いて2分のコンビニにちょっと振込みにいって自宅に帰ってみると。 野良と思われる糞饅頭どもが俺の家に入り込んで部屋を荒らした挙句、偉そうに俺に命令してきやがった。 どうやら俺が家を留守にした隙を狙い、おうち宣言のルールを盾に家を乗っ取ろうという魂胆のようだ。 まったく、おうち宣言なんつーゆっくりが作った手前勝手なルールなんか 人間には通用しないというのがなんでいまだに理解できないのかねえ…….

静かだ。これから部屋の片づけをしなければならないと思うと鬱にもなるが…感情のアップダウンも人生を楽しむコツ さ、と言い聞かせて…まずは破られた本を一冊、ゴミ箱の中に投げ入れた。. それもそのはず、男は雨戸を閉めるために割れた窓を一旦全開にした後、窓は閉めておかなかった。 雨戸だけは閉めたものの、結果的により多くの冷気が入り込むようになってしまっていたのだ。. 揉み上げがすごいスピードで動く。れいむの揉み上げぴこぴこ選手権みたいなのがあったら、こいつは優勝するんじゃ ないだろうかと思うぐらいの速さだ。親れいむは、俺と赤れいむを不安そうに見上げている。親れいむにはわからないの だろう。今、赤れいむがどういう状態になっているか。赤れいむが叫べないから。でも、表情から察するにゆっくりでき てない、っていうのだけはわかるようだ。.

atwiki ふたば系ゆっくりいじめSS WIKIミラー anko 忠告はしたぞ. そう呟く俺の言葉に糞野良一家どもの目が一勢に輝いた。 住めないのだから自分たちにおうちを返してくれるかもしれないとかそういう都合のいいこと考えているんだろう。 ゆっくりってほんとすぐこういう薄っぺらい希望に飛びつくよなぁ。. 親れいむと親まりさが本当にショックそうな顔をしてるのはなんでだ?ああ、死ね、って言われたからか。でも、死ね。 俺は親まりさのお下げをわざと荒々しく掴んで、親まりさを宙にぶら下げた。.

2 2 2 30 …… ……. - - - .

ふたばちゃんねるゆっくりスレよりゆっくり虐待・ゆ虐・ゆっくりいじめ・ゆっくり愛でをまとめるブログ

さて、これで赤れいむ二匹と赤まりさ二匹。分かりやすい数字になって何よりだ。その赤ゆ共はどこに行ったかと部屋 見回すと…いた。部屋の角に四匹が身を寄せ合って、ぶるぶる震えている。奥にいる二匹は俺に対して背中を向けている。 目の前で起こる出来事を視界に入れたくないんだろうな。手前の二匹は、逆に俺のことを怯えた目で見上げている。俺と 目が合うと、手前の二匹はぎゅっと目を閉じた。. まあ確信はあってもやはり気になるものは気になるわけだ。 俺はその後の糞野良一家の様子を確かめに公園に足を向けた。 するとグッドタイミングなことに俺はちょうどカーニバルのまっ最中にでくわした。.

メニュー トップページ anko~ anko~ anko~ anko~ anko~ anko~ anko~ anko~ anko~ anko~ anko~ anko~ anko~ anko~ anko~ anko~ anko~ anko~ anko~ anko~ anko~ anko~ anko~ anko~ anko~ anko~ anko~ anko~ anko~ anko~ anko~ anko~ anko~ anko~ anko~ anko~ anko~ anko~ anko~ anko~ anko~ anko~ anko~ anko~ anko~ anko~ anko~ 特集 餡小説シリーズ物 餡小説ランキング 餡小説ランキング 餡子ンペ10夏 餡子ンペ10春 餡子ンペ09 タグ タグ一覧 挿絵 Mobile版 ゆっくりいじめMobile 検索 :.

へえ?頭の悪い糞野良のクセに少しは知恵を出してきたじゃないか。 わざとバカだのなんだのとプライドを刺激する挑発的な言葉を使い、バカだと言われたくなかったら おうち宣言を認めろと誘導しているわけだ。まあ誘導がヘタクソすぎてゆっくりしか騙せない話術だがな。 ふーん……いいよ?あえて乗ってやるよそれ。そういう相手を騙して貶めることをやらせたら 人間の方が一枚も二枚も上手だということを思い知らせてやるぜ。.

…… …… ……!

赤れいむの凄惨な姿を目の当たりにし、親れいむは思わず後ずさった。当然だろう。焼かれた過程で体中の水分が蒸発 し、目玉は飛び出かけている。だらりと垂れ下がった黒ずんだ舌は、そこを重点的に炙られた証だ。後頭部からは髪で隠 れてわからなかったのだろうが、赤れいむはほぼ炭化している。そこにかつての面影などはない。.

最終更新: 年02月03日 ankoss. 更新履歴 RSS Feed 管理者に連絡 タグ一覧. あーあ、長ぱちゅさんよーそりゃねーんじゃないの? まあ糞野良どものおうち宣言を嘘だと決め付けたのは確かに俺だけどさ、 しかし糞野良ども本人にとっちゃ俺の家でしやがったあのおうち宣言は本当の出来事だったんだろうよ。 ゆうべの群れで起きたおうち宣言はまあ嘘だったとしてもさ、 俺の家の場合といっしょくたにされて嘘つき呼ばわりしたらあの糞野良どもも浮かばれないんじゃね?.

…… ………………. …… …… ……. 2 2 2 30 .

合計: - 今日: - 昨日: - トップページの合計: -. 昨日の糞野良一家を群れのゆっくりどもが取り囲んでいる……何事だこれは? どうも長ぱちゅりーが糞野良連中の罪状を群れの連中に説明しているのを聞くに、 お家をなくした一家は公園の野外で一夜を過ごそうとしたが、 あまりの寒さに我慢できなくなって群れのゆっくりのおうちを奪おうとしたらしい。 しかもお粗末なことにおうち宣言に失敗して、阻止されたことに逆上して群れのゆっくりを殺してしまったんだとさ。 ……なにそれ?まったくバカとしか言いようのない連中だなおい。.

やれやれ、やっと糞野良どものお帰りか……まったく待ちくたびれたぜ。 ん?俺が公園に来てまで何をしているかって?そりゃもちろんさっきの虐待いじめの続きさ。 仮にも虐待鬼意惨を名乗る者がおうち宣言したゲス相手にたったあれだけで済ますわけないだろぉ?. メニュー トップページ anko~ anko~ anko~ anko~ anko~ anko~ anko~ anko~ anko~ anko~ anko~ anko~ anko~ anko~ anko~ anko~ anko~ anko~ anko~ anko~ anko~ anko~ anko~ anko~ anko~ anko~ anko~ anko~ anko~ anko~ anko~ anko~ anko~ anko~ anko~ anko~ anko~ anko~ anko~ anko~ anko~ anko~ anko~ anko~ anko~ anko~ anko~ 特集 餡小説シリーズ物 餡小説ランキング 餡小説ランキング 餡子ンペ10夏 餡子ンペ10春 餡子ンペ09 タグ タグ一覧 挿絵 Mobile版 ゆっくりいじめMobile 検索 :.

……… .



人気の素材:

タイプミスを見つけましたか? テキストをハイライトして押します Ctrl + Enter.
  1. -
  2. -ゆっくり おうち 宣言 制裁 漫画

あなたのレビューを残します

コメントを追加

    0
      10.09.2020 11:21 Taku:
      さて、これで赤れいむ二匹と赤まりさ二匹。分かりやすい数字になって何よりだ。その赤ゆ共はどこに行ったかと部屋 見回すと…いた。部屋の角に四匹が身を寄せ合って、ぶるぶる震えている。奥にいる二匹は俺に対して背中を向けている。 目の前で起こる出来事を視界に入れたくないんだろうな。手前の二匹は、逆に俺のことを怯えた目で見上げている。俺と 目が合うと、手前の二匹はぎゅっと目を閉じた。. 親まりさも、なんかもう勝った、みたいな表情を浮かべている。俺は、親まりさの口を無理矢理こじ開けた。親まりさ が苦しそうな表情を浮かべる。中では一転して赤まりさががたがた震えていた。最強と思っていた鎧があっさりこじ開け られてしまったせいか絶句している。俺は、親まりさの口を開いたまま、親まりさを傾けた。赤まりさが転がってくる。 親まりさの舌に噛みつき、口から出ないようにしている。俺はニヤリと笑った。.

    ????

    ???